ブライダルフェアとは?初心者必見!行く前に知るべき7つの基礎情報



結婚情報誌を見ていると多く目にする「ブライダルフェア」という文字。参加したことのない人にとっては、疑問の多い言葉ですよね。

見学会と何が違うの?
どんな服装で行けばいいの?
どれくらい時間がかかるの?

興味はあってもイメージがつかずに、参加を迷ってしまう人も多いでしょう。ブライダルフェアは、結婚式場を検討するのにとても参考になるものです。初心者で迷っている人は、ぜひ参加することをおすすめします。

今回はブライダルフェアについての基礎情報を紹介します。ぜひ参考にして参加してみてください。

基礎情報1:ブライダルフェアの内容

基礎情報1:ブライダルフェアの内容

ブライダルフェアは、簡単に言うと大規模な見学会です。決められた日時に合わせて、一同にカップルが集まります。月に2~3回ほど開催している結婚式場が多いです。

結婚式の具体的なイメージができるように、各結婚式場は様々な工夫を凝らしています。そのため各々の結婚式場の特徴を掴むことができます。また具体的なイメージもできるので、自分たちの結婚式の大きな参考となるでしょう。

模擬挙式・模擬披露宴

ブライダルフェアでは、模擬挙式・模擬披露宴を開催していることが多いです。実際にモデルとなる新郎新婦が入場して、演出などを行います。ゲストの目線で、どのように過ごせる結婚式場なのかを確認できます。おすすめの演出なども見ることができるので、とても参考になるでしょう。

会場装花やテーブルコーディネートも華やかにセットされているので、会場の雰囲気も存分に味わうことができます。

試食会

ブライダルフェアの目玉として、試食会を行っているところも多いです。結婚式での料理は重要ポイントです。実際に試食ができるのは、大きな決め手となりますね。

フルコースが出ることは少ないですが、ショートコースやワンプレーとで結婚式場の味を確かめることができます。

試着会

女性の憧れであるウエディングドレス。通常は結婚式場を成約しないと試着することはできません。それがブライダルフェアでは、成約前に試着することができるのです。

好きなドレスを選ぶと、スタッフがドレスの試着の手伝いをしてくれます。簡単にヘアをまとめて小物までつけてくれるので、女性はテンションが上がります。結婚式場によっては、彼もタキシードを着て記念撮影までしてくれるので思い出にもなりますね。

相談会

様々な体験をした後に、どの結婚式場でも必ずあるのが相談会です。ブライダルフェアの最後に1組につき専任プランナーが1人ついて話します。この相談会では、より具体的な質問などもできるでしょう。

費用や空き状況について、その他結婚式に関する質問であれば何でもOKです。疑問は全てクリアにすることができるので、相談会があるのも安心なポイントです。

基礎情報2:ブライダルフェアは予約が必要

ブライダルフェアは予約が必要です。日時が決まっているので、自分たちの都合に合うブライダルフェアを探して事前に予約をしましょう。

ブライダルフェアでは試食会や試着会を行っています。事前に来館する組数に合わせて、材料や席の用意をします。さらに人員の配置も行うでしょう。そのため急に行っても対応できないことの方が多いのです。

ただ結婚式場側は1組でも多くの人に来てほしいと思っています。当日の急な来場者にも対応できるよう、余分に用意しておくこともあります。さらに当日キャンセルが出ることもあるでしょう。

もし当日参加希望の場合には、まずは電話で確認をしてみてください。事情を話せば、どうにか対応してくれることもあるかもしれません。電話もせずに突然行ってしまうことは避けた方が良いでしょう。

基礎情報3:ブライダルフェアは有料?無料?

試食会に試着会と至れり尽くせりなブライダルフェア。そうなると参加料金が気になりますよね。

実はブライダルフェアは、ほとんどが無料です。結婚式場側がブライダルフェアを開催する目的は、「自分たちの式場で結婚式を挙げてもらうこと」です。つまりブライダルフェアは、カップルに向けた宣伝・広告の一つであるのです。多くの人を集めて一組でも多くのカップルに成約してもらうため、無料で開催しているのです。

ただ中には有料のブライダルフェアもあります。フルコースでの試食会を行っている場合は、コース料金の半額ほどが必要となるところもあります。また外資系のホテルなど、無料でなくても人が集まるような人気のある結婚式場も有料にしていることがあります。

有料か無料かは、必ずHPなどに記載があります。事前に確認をしてから予約するようにしましょう。

基礎情報4:ブライダルフェアの所要時間

1つの会場でのブライダルフェアは、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。忙しいカップルは、1日に2つのブライダルフェアに行きたいと考えるでしょう。それは可能なことなのでしょうか。

ブライダルフェアの内容にもよりますが、一般的なブライダルフェアの所要時間は3時間半前後です。模擬挙式・模擬披露宴で1時間半程度。その中で試食会を行います。試着会がある場合には、約1時間。そして相談会も1時間ほどです。

これはあくまでスムーズに行った場合の最短時間です。悩む時間や相談する時間が長い人は、もっと所要時間が長くなります。午前中のブライダルフェアに参加して、夕方に結婚式場を出る人も多いのです。

また初めてのことばかりで考えることも多いブライダルフェア。参加するだけでも頭をフル回転させます。1日に2つのブライダルフェアに参加すると、最後の方はグッタリと疲れてしまうことが予想されます。おすすめは1日に1つのブライダルフェアに参加することです。

一生に一度の結婚式です。忙しい中では大変なこともありますが、時間をかけてゆっくり参加する方が、後悔しない結婚式場選びができるはずです。

基礎情報5:ブライダルフェアの参加特典

ブライダルフェアは多くのことを体験できることがメリットです。でもそれだけではありません。多くの結婚式場は、ブライダルフェアに参加することでの特典も用意しています。

来場特典:サンプルやお土産

ブライダルフェアの来場特典として、サンプルやお土産がもらえることがあります。例えば、引菓子の試食やミニブーケなどです。結婚式が決まってからの参考にもなるので有難いですね。

またブライダルフェアは提携している、指輪やハネムーンの代理店が出店していることもあります。来場特典としてチケットがもらえるので、持参してお店に行けば割引になるでしょう。

成約特典:割引やプレゼント

ブライダルフェアの目的は成約してもらうことです。そのため当日成約をすることで多数の特典がつきます。見積もり費用の割引や、ドレス・ケーキなどのアイテムのプレンゼントなどもあるでしょう。

予め成約特典もチェックしておくと、お得に結婚式を挙げることもできるので確認してみましょう。

基礎情報6:ブライダルフェアの服装や持ち物

ブライダルフェアに参加する時に知っておきたいのが、当日の服装や持ち物です。多くの人が参加するので、場違いにならないように事前に準備しましょう。

服装

ブライダルフェアにはドレスコードはありません。どんな格好でも参加は可能です。タダ何も考えずに行くと浮いてしまうことがあります。

・サンダル
・短パン
・ジーンズ
・キャミソール

このようなラフすぎる服装は避けましょう。服装を考える時には、少し高級なレストランのランチに行く時をイメージすると良いでしょう。フォーマルすぎる必要はありませんが、ある程度きっちりとした格好です。女性であればワンピースにカーディンガン。男性であればジャケットにチノパンがおすすめです。

持ち物

絶対に必要な持ち物はありませんが、持っていくと良いおすすめの物はいくつかあります。

・デジカメ
・筆記用具
・手帳
・ブランケット

いくつかのブライダルフェアに参加予定の場合、最初に行った結婚式場の印象が薄れてしまうことがあります。そうなると比較も困難になってしまいます。せっかく参加したのであれば、記録に残しておきましょう。カメラと筆記用具はあると役立ちます。

また体温調整のためのブランケットも意外と重宝しますので、カバンに入れておきましょう。

基礎情報7:ブライダルフェアで気を付けるべきこと

楽しいブライダルフェアですが、いくつか気を付けるべきこともあります。事前に注意点を知っておけば防げることなので、心得ておきましょう。

プランナーの営業は必ずある

ブライダルフェアは、体験して見学して自由に帰れるわけではありません。結婚式場は成約を目的として行っているので、最後には相談会での営業が必ずあります。

もちろん無理に成約をしようと強引な接客をすることはないでしょう。しかし一生懸命に成約をしてもらうために話をしてくれるので、つい押しに負けてしまうという人もいるかもしれません。

でもその場の勢いで決めてしまっては、後悔することになります。まだ決定はできないとハッキリ伝えて、流されないように気をつけてください。

ブライダルフェアは最高の状態である

ブライダルフェアに参加すると、ここで結婚式をすれば自分も同じような結婚式ができるのだと感じます。しかしブライダルフェアは最高の状態だということを忘れないでください。装花も飾りも、料理もケーキもドレスも…すべてランクの高いものを用意しています。同じように結婚式をしようとすれば、予算は限りなく上がっていくでしょう。

あくまでも雰囲気を見て感じるためのブライダルフェアです。まったく同じものができるという意識はなくして参加した方が良いですね。

それぞれの特徴を見極める

ブライダルフェアという夢のような空間にいると、テンションが高くなり正常な思考能力ではなくなることがあります。でもせっかく参加しているのであれば、見極める目を失わないようにしましょう。

それぞれの結婚式場には、それぞれの特徴があります。夢のような空間の中にも、違いがあるはずです。違いを見極めて、自分たちの理想に合った結婚式場選びができるよう考えながら参加するようにしてください。

まとめ

ブライダルフェアは結婚式場を探しているカップルにとって、メリットだらけのものです。限られた日程で、参加組数も限定している場合があります。気になる結婚式場がある場合には、早めに予約を入れることをおすすめします。

いくつかブライダルフェアに参加すれば、あなたもブライダルフェア上級者。見るポイントも心得てくるでしょう。一つの会場で即決せずに、ぜひ数か所のブライダルフェアに参加してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です