【結婚式】費用節約の肝は申し込む時にアリ!その3つのきっかけとは?

【結婚式】節約のビッグチャンスは「結婚式を申し込む時」にアリ!その3つのきっかけとは?



理想の結婚式を叶えたい…。一生に一回の結婚式です。

この先もずっと大切な思い出になるように、理想をカタチにしたいと願うのは当然のこと。しかし、そこには「お金」という大きな壁があるのも事実です…。

だからといって何かと節約のことばかりを考えて、結婚式の準備を進めるのもなんだか寂しいですよね。

着たいドレスを我慢して、おもてなしに重視したかった料理もランクダウンして…。

削ってばかりの結婚準備は後に「やっぱりあのドレス着たかったな…」など忘れられない後悔になります。

でしたら我慢せず出来るだけ賢く予算を抑えて、出来る限りの理想を叶えてみませんか?

実は予算節約のヒントは結婚式を申込む時にあるのです。

今回は、結婚式の費用を節約する一番大きなチャンスでもある、結婚式を申し込む時の節約術について、結婚式の見積もりが上がってしまう理由と合わせてご紹介します。

結婚式の費用が100万円以上もお得?ハナユメって何?

結婚式の費用が100万円以上もお得?ハナユメって何?

Hanayume(ハナユメ)とは…

  • 花嫁の夢を叶える結婚式場探しができるサービスです。
  • 全国の結婚会場情報とブライダルフェア・式場見学を予約できるサイトです

ハナユメ経由で予約した場合のみに使える「ハナユメ割」が多数!

結婚式を挙げる時期によって割引内容が変わります。

条件次第では100万~200万円ほど安くなる式場も!また、全国に無料相談デスクを設置

WEBで、あるいは相談デスクを使って理想の結婚式場を見つける、 その式場のハナユメ割を使って賢く費用を下げて理想の結婚式を実現する。

それが花嫁の夢を叶える結婚式場探しということです。

今ならオープン記念でブライダルフェア予約などで★最大3万円の商品券★が貰えるキャンペーン中です。

結婚式について考え始めた方は、お得にできるHanayume(ハナユメ)を見てみてください。

ブライダルフェアの予約で商品券がもらえるキャンペーン中【Hanayume(ハナユメ)】

結婚式の見積もり・費用はみんなどれくらい?やっぱりあがるの?

結婚式の見積もりはナゼ上がってしまう?その理由とは…

「結婚式の見積もりは上がる」そんな話を聞いたことはありませんか?

結婚情報誌「ゼクシィ」が行っている実際に結婚式を挙げたカップルへのアンケート「トレンド調査2016」ではその詳しい現状が紹介されています。

先輩カップルが実際に結婚式に掛けた費用の平均は385.5万円だそうです。

そして注目したいのが、見積もりが上がった金額。最初の見積もりから最終支払った金額の差額は、平均111.7万円もアップしているという結果が出ています。

先輩カップルのデータから見ても、やはり結婚式の見積もりが上がってしまうことは事実なようです…。

では、どうして結婚式の見積もりはそんなにも上がってしまうのでしょう。次はその理由に付いて紐解いていきましょう。

結婚式の見積もりが上がってしまう3つの理由

どうしても上がってしまいがちな結婚式の見積もり。それは3つの理由があるからなんです…。

結婚式の見積もりが上がる理由 その1|最初の見積もりは「最小限」ものしか入っていない

結婚式場に初めて見学に行くと提示される見積もり。

この初めての段階でもらう見積もりというのは、結婚式を行う上で最小限のアイテムしか含まれていません。

「これで結婚式は出来なくはない」程度の内容だと理解しておきましょう。

例えば

    • 選べるドレスの点数がかなり少ない。
    • お花の種類が選べない
    • よく見るとお色直しはしない前提になっている。

など、後で付け加える前提での内容になっています。

結婚式場側としても、お客様が何をどの程度望んでいるのかは、初めて話す段階ではまだ見込めない部分もあります。

そのため、初めて提示する見積もりには最小限のものを入れて見積もりを作成します。

必然的に結婚式の見積もりは後に上がってしまうのです…。

結婚式の見積もりが上がる理由 その2|「欲しいもの」「必要なもの」は後でドンドン増えてくる

結婚式の見積もりが上がる理由 その2|「欲しいもの」「必要なもの」は後でドンドン増えてくる

結婚式の準備を始めた当初思っていた結婚式への理想と、準備を始めてからの理想のカタチは変化していきます。

後からあれもこれもと追加していくことで結婚式の費用は増えていきます。

多いのは

    • 「要らないと思ってたけど欲しくなった」パターン
    • 自分たちは不要だと思っていても親からの意見で追加すること

例えばドレスです。

ドレス試着に行けば、サロンの端々までズラリと並ぶ煌びやかなドレス。

あれこれ試着していると、夢は膨らむばかり…。

「お色直しはしなくても良い」と決めていたとしても、試着してしまうと「やっぱりこっちのドレスも着たいからお色直ししたいな…」と予定が変わることも少なくありません。

仮に予定外にお色直しが追加になれば、「ドレスの追加レンタル代」に加え「ヘアメイク代」「ブーケ代」と、単純計算しても約35万円程の追加になります。

結婚式の準備を進めていくと、ちょっとの気持ちの変化が大きな金額アップへと繋がっていくのです。

 結婚式の見積もりが上がる理由 その3|金銭感覚が麻痺する「結婚式マジック」

結婚式に関わるアイテムの多くが数万円単位です。

大きい金額ばかりを見ていると「5000円くらいアップしてもいっか」と金銭感覚が麻痺してしまいます。

結婚式マジックですね。

例えば、料理を1人3000円アップしたとします。

しかし料理費用×ゲスト60名分ともなれば18万円の追加に。

お花も1卓5000円アップだとしても、10卓あれば5万円もアップします。

数千円のアップが、後に数十万円のアップへと繋がるのも結婚式に関わる費用の特徴です。

このように結婚式の準備していると、いつもの金銭感覚とは違った感覚になり、結婚式の費用・見積もりがあがってしまうのです。

 結婚式の費用を一番節約出来るきっかけは「結婚式を申し込む時」にある

結婚式の費用を一番節約出来るきっかけは「結婚式を申し込む時」にある

結婚式の準備を始めた後に節約するとなれば「持ち込み」や「手作り」などの方法があります。

しかし一番労力をかけず、且つ金額を大きく節約することが出来る方法は「結婚式を申し込む時」にあるのです。

しかもこのタイミングでの節約は、持ち込みや手作りに比べて格段に大きな金額の節約となります。

結婚式の費用を大きく節約するのは、、、

「結婚式をいつ挙げるのか」

ということです。

  • どの【シーズン】に結婚式をするのか
  • 【お日柄】は何の日に結婚式をするのか
  • 申込み日から結婚式まで【どのくらいの日数】があるのか

この3つのキーワードで、全く同じ内容の結婚式をしたとしても、提示される見積もりが数十万円単位、中には百万円近く値引いた状態で見積もりが提示されることも。

先ほどもご紹介したように、結婚式の見積もりはいくら気を付けていてもどうしても上がってしまいがちです。

なので結婚式を少しでも安く済ませるためには、一番最初の見積もりを少しでも下げてスタートすることが懸命です。

そこで3つのキーワードが、結婚式の見積もりを下げる理由をご紹介していきます。

【結婚式】見積もり節約キーワード|「シーズン」

【結婚式】見積もり節約キーワード|「シーズン」

結婚式は「どんな季節に挙げるのか」で金額が変わります。

この季節によって結婚式を「定価」で購入することになるのか、「値引き」で購入出来るのかが違っています。

「トップシーズン」と「オフシーズン」で金額は異なる

結婚式には「トップシーズン」と「オフシーズン」があるのをご存知ですか?

一般的に言われているトップシーズンとは春の4月・5月、そして秋の10月・11月です。

この4ヶ月は結婚式を「定価」で購入することになってしまいます。

なぜならトップシーズンの4ヶ月に至っては平均的に気候も安定していて、気温も心地よい適温。

ガーデンウェディングも抜群の環境の中で過ごすことが出来るからです。

一方オフシーズンとは、夏の7月・8月、そして冬の12月・1月。

オフシーズンの4ヶ月は夏なら暑く、更に予測出来ない台風に見舞われる可能性も…。

また冬であれば、地域によっては結婚式の日「雪で来れない…」なんて事態に陥ってしまうこともあります。

もちろん、ガーデンで穏やかな雰囲気の中過ごすのは非常に難しい環境に…。

このように、それぞれのメリットデメリットをあげた場合、オンシーズンの方が結婚式には適していて、実際このオンシーズンを希望する新郎新婦も断然多いです。

そのため結婚式場側も「定価」で販売をしているのです。

そしてオフシーズンは「値引いてでも欲しい」結婚式になるので全体的に割安で結婚式を行うことが出来てしまうというワケです。

オフシーズンの結婚式でもメリットは沢山ある

オフシーズンの結婚式でもメリットは沢山ある

結婚式を行う上で「ガーデンでゆっくり過ごしたい」「リゾートウェディングのような雰囲気の結婚式場が理想」

なんて理想があれば、このシーズンは重要視したいところです。

でも、結婚式を終日館内で過ごすことの出来るようなホテルウェディングなどであれば、特に気候や気温に左右されることはありません。

むしろ気候に左右されない割に結婚式が割安になっているなら、かなりお得と言えるでしょう。

しかもオンシーズンは、総体的に結婚式が多くなるため、一日何件も結婚式を受注しているホテルの館内は多くの参列者でごった返しています。

オフシーズンであれば少ない件数でゲストも新郎新婦もゆったりと過ごすことが出来るなど、オフシーズンならではのメリットも沢山あります。

 【結婚式】見積もり節約ワード|「お日柄」

結婚式の準備を始めたら知っておいた方が良い「お日柄」。

結婚式をどのお日柄の日に挙げるのかでも見積もりが変わります。

やはり一番お得な見積もりが提示されるのは「仏滅」です。

「大安」と「仏滅」とでは数十万円違った見積もりを提示する結婚式場もあります。

確かに仏滅は「一番お日柄が良くない日」ではあります。

しかし、人によっては「これ以上悪くなることは無い。後は上がるだけの日」といった考え方をする人もいます。

「お日柄よりも、やっぱり予算の方が重要」そう思える場合には、お得に結婚式が叶う仏滅がおすすめです。

注意

お日柄は新郎新婦世代では気にしない人が多いのですが、親世代にとってはまだまだ重視していること。

結婚式の日が仏滅になりそうな場合には、申し込む前に念のためご両親に確認を取ってから申し込むようにしましょう。 

【結婚式】見積もり節約ワード|「結婚式までの期間」

【結婚式】見積もり節約ワード|「結婚式までの期間」

結婚式を申し込んだ日から、結婚式当日までの期間が短ければ短いほど値段は安くなります

トレンド調査2016によると、先輩カップルは結婚式の約8ヶ月前に結婚式場を申し込んでいます。

つまり多くの人が結婚式を申し込む一定の期間を過ぎると「空いてる日=売れ残っている日」となり、会場を空いた状態にしてしまう可能性が高くなってくるのです。

出来れば1件でも多く結婚式を受注して式場を稼働させたいのが、結婚式場側のホンネ。

なので見学に行って、結婚式の日が近ければ近い程「有り難いお客様」となり、お値段は安くなる傾向にあります。

段取りを上手く組めば、結婚式は4ヶ月もあれば充分準備は出来ます。

新郎新婦のお休みが一緒で、打ち合わせの日程が組みやすい、ご両親の了承も出ているのであれば、結婚式の日が近い申込みはトップシーズンでもお得に叶いますよ!

【結婚式】見積もり節約ワード|「Hanayume(ハナユメ)」

Hanayume(ハナユメ)とは…

  • 花嫁の夢を叶える結婚式場探しができるサービスです。
  • 全国の結婚会場情報とブライダルフェア・式場見学を予約できるサイトです

ハナユメ経由で予約した場合のみに使える「ハナユメ割」が多数!

結婚式を挙げる時期によって割引内容が変わります。

条件次第では100万~200万円ほど安くなる式場も!また、全国に無料相談デスクを設置

WEBで、あるいは相談デスクを使って理想の結婚式場を見つける、 その式場のハナユメ割を使って賢く費用を下げて理想の結婚式を実現する。

それが花嫁の夢を叶える結婚式場探しということです。

今ならオープン記念でブライダルフェア予約などで★最大3万円の商品券★が貰えるキャンペーン中です。

結婚式について考え始めた方は、お得にできるHanayume(ハナユメ)を見てみてください。

ブライダルフェアの予約で商品券がもらえるキャンペーン中【Hanayume(ハナユメ)】

結婚式費用節約のまとめ

結婚式を少しでもお得に叶えるための、見積もり節約術についてご紹介しました。

このように、結婚式の見積もりを最初の段階から下げるためには「季節」「お日柄」「結婚式までの日」この3つのキーワード次第で見積もりが、数十万円単位で変わってきます。

この節約したお金で、

本当であれば諦めないといけなかったドレスをもう1点着られるかも…

一生残るスナップアルバムが豪華な物に出来るかも…。

などさらに結婚式を自分たちの理想に近づけられるかもしれませんね。

何を重視して、どこを譲れるのか新郎新婦の2人、またご両親とも相談しながら決めてください。

お得に素敵な結婚式を叶えられることを祈ってます。



【結婚式】節約のビッグチャンスは「結婚式を申し込む時」にアリ!その3つのきっかけとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です