【結婚準備】親への挨拶を徹底解説|身だしなみと手土産マナー

結婚準備のスタートラインになる「親への挨拶」について、前回は挨拶を迎えるまでの段取りについてご紹介しました。

今回ご紹介するのは、ご両親へ挨拶に行く時の「身だしなみ」と「手土産」について。

「人は見た目が9割」という本がベストセラーになるほど、見た目の印象はとても大切だと考えている人が多くいます。それは、新郎新婦世代だけではなくご両親世代も同じ。

第一印象で受けた印象は、その後で発せられる言葉や立ち居振る舞いにも影響を与えます。つまり、結婚挨拶を成功に導くには、第一印象が大きなカギになるといっても過言ではありません!

では、ご両親はどんな身だしなみの人が好印象だと考えるのでしょう…。

ここでは、結婚挨拶に行くときの「身だしなみ」と、第一印象をプラスαでアップさせる手土産についてご紹介します。

両親への挨拶に【身だしなみ】が重要なワケ

ご両親への結婚挨拶を成功に導くための重要なカギにもなる「身だしなみ」。ご両親は結婚挨拶に来たあなたを面接官のごとくチェックしています。

それもそのはず、自分の娘(息子)を生涯任すことが出来る相手であるかどうかを見定める場でもあるからです。

だから、ご両親への結婚挨拶の場において身だしなみを考えるときのポイントは2つ。

  • 結婚挨拶の場は「自分を見せる場」ではなく「ご両親に自分を受け入れてもらうための場」である
  • 自己主張のある身だしなみは極力控え、親目線を意識する

この2つを心掛けて身だしなみを考えましょう。

【両親への結婚挨拶】〜男性編〜男性の好印象は“清潔感”がキーワード!

ご両親への結婚挨拶で、男性が気に留めておくべきポイントは何と言っても「清潔感」。

清潔感が感じられない見た目からは、生活力や経済力、自己管理能力など様々な観点から「だらしなさ」を連想させてしまいます。

娘を任せる相手としては第一印象からNGのレッテルを貼られてしまうことにも…。

そこで、男性が結婚挨拶で注意しておくべき身だしなみのポイントを確認していきましょう。

●髪型●

耳や目にかかる位の長さは避け、結婚挨拶に行くまでにカットをし整えておきましょう。また明るい色味のカラーリングはNG。出来るだけダーク系のカラーもしくは黒に控えます。もちろん、結婚挨拶の場で寝癖はもってのほか!挨拶当日は、整髪料で乱れのない髪型にしましょう。

●服装●

男性が彼女のご両親へ結婚挨拶に行くときの服装は、スーツかジャケパンで。迷った時に一番無難なのはスーツですが、これまで何度も彼女のご両親と普段着で合っている場合には、ジャケパンでもOK。ただし、素材や色味などでカジュアル感が出過ぎないように気を付けましょう。

カジュアルな印象から感じられる「軽装感=結婚への思いの軽さ」と捉えられてしまうので要注意。基本は「お!気合いを入れてきたな!」とご両親が一目見て分かる程度を心掛けてみてください。

●シャツ●

ジャケットの下に着用するシャツの基本的は「無地」で「白」。当然、シワが無いようにしっかりアイロンをかけてピシッとした状態になっているようにチェックを。挨拶をしているときには、主に上半身に目が行くもの。そのため、襟や袖もとに小さな汚れやほつれが無いかも忘れず確認してくださいね。

●ネクタイ●

「無地」もしくは「ストライプ」がベター。大振りの柄が入っていたり、派手は色味は避けましょう。

●靴●

スーツやジャケパンに合わせる靴は、革靴がおすすめ。そしてご両親のもとへ結婚挨拶に行く前には、靴が汚れていないかを確認してください。
靴は部屋に入ってしまえば、脱ぐものなので目立たない存在だと思うかもしれません。

でも「靴を見ればその人の人柄がわかる」といわれるように靴の印象はとても大切。玄関に残されている靴が、汚れていたり、手入れの行き届いていないものだと、せっかく服装や会話で好印象を持っていたとしてもかなりの減点に…。

一方、玄関に残された靴が、汚れも無く清潔で、且つきちんと並べられていたなら…。その人の品性も感じられ好感度アップは間違いなしです!

小さなアイテムでも、ご両親に与える印象は大。この日ばかりは頭の先から足先まで気を配り、抜かりない身だしなみを整えましょう。

~女性編~色味のチョイスが要!第一印象は【清楚な女の子】を目標に

服装やメイクからは、その人の内面が現れます。強い色味からは「気の強さ」が。露出多めの服装からは「気品の低さ」も…。女性は、ちょっとした色味のチョイスや服装の程度次第で、印象を良くも悪くも変えられるのです。

結婚挨拶で女性が目指すべき印象は「清楚」。ご両親世代では多くの場合、理想とする嫁像はまだまだ「男性の後ろを3歩歩く」ような控えめな女性。
自分らしさは、彼の両親と打ち解けてから理解してもらうとして、最初は清楚で控えめな女性を印象付けられるような身だしなみになるようにしましょう。

●髪型●

重要なのは髪の色。普段明るめのブラウンや、ハイライトでワントーンカラーアップしているカラーリングも一旦結婚挨拶の前にはリセット!美容院で、カラートーンを落としましょう。黒に抵抗のある場合には、出来るだけ落ち着いたダーク系ブラウンに。

また、ロングヘアの場合には一つにまとめるかしっかりブローをしてぱさつきが残らないようにしておきます。普段巻き髪をしている人も、この日は控えておく方が良いでしょう。どうしてもストレートヘアが好みでない場合には、毛先をワンカール巻く程度に!巻き髪の華やかさは、結婚挨拶の日は封印です。

●服装●

結婚挨拶の時、女性の服装でおすすめなのはスーツかワンピースです。スカートの場合には、膝上丈はNG。膝上丈は、座ったときに丈が引き上げられてしまい、より短く見えてしまいます。おすすめの長さは、膝丈程度のものです。

服装の色味は、白やサーモンピンク、水色など柔らかく明るい色味をチョイス。ベーシックな色味が好みなら、グレーならライトグレー、ネイビーを選ぶ場合には白を合わせて明るい印象になるようなコーディネートにしてください。

●メイク●

メイクはナチュラルメイクを心掛けて。ファンデーションにほんのり色味が付く程度のチーク、ブラウン系のシンプルなアイシャドウに、控えめのアイライン。少しカール掛かったまつげ位を心掛けましょう。

●ネイル●

ネイルは何も施さない方が懸命です。ただずっとネイルをしている人の中には、何も施されていない爪先に違和感を覚える人もいます。その場合は透明、もしくは薄いベージュやピンク程度のものを。

個性のあるネイルカラーやパーツが付いていると「この爪で美味しいお料理が作れるの…?」とご両親からチェックが入る場合も…。
ネイルをしていても家事力の高い女性はたくさんいます。でもご両親世代にとってネイルは、まだまだ華美に着飾っているという感覚が否めないもの。だから、極力は何もしないか、出来る限りシンプルなカラーが良いでしょう。

結婚挨拶のときの【手土産】で確認したい4つのポイント

結婚挨拶の時間を設けてくださったご両親へのお礼の気持ちを込めて、手土産は必須です。でも友人への手土産と違い、世代の違うご両親が喜ぶ手土産を選ぶにはポイントが分からないことも多いと思います。

せっかくならご両親に喜んでもらえるものを選びたいですよね。ここでは、結婚挨拶には必須の手土産について。選ぶときのポイントについてご紹介します。

ここでは、結婚挨拶には欠かせない手土産について。選ぶときの4つのポイントをご紹介します。

【結婚挨拶・手土産】ポイント1・2人でじっくりリサーチ!手土産は何にする?

結婚挨拶の時の手土産は、身だしなみと同じように、ご両親に「あげたいもの」ではなく、「喜んでもらえるもの」とご両親目線に立って選ぶことが大切。だから“流行のスイーツ”などの話題性を狙うのではなく、“ご両親が好むもの”を選びます

そのために必須になるのは、ご両親がどんな物を好んでいるのかという事前リサーチ。特に、食べ物は「お菓子」でも洋菓子や和菓子など好みは違っているもの。お酒であれば、好みの銘柄があるはず。
いくら一生懸命選んだとしても、ご両親の好みでないものを差し上げてしまっては、気まずくなってしまうことは容易に想像つきます…。

だから、結婚挨拶の手土産を選ぶときには、お互い親の好みをじっくり話し合って喜んでもらえる物にしましょう。リサーチを出来ていれば、手土産を渡す際に「お母さんがお好きだと伺ったので…」と一言添えて渡すだけでも、「自分のことを思って選んでくれた」と好感度はかなりアップです!

【結婚挨拶・手土産】ポイント2・高過ぎず、安過ぎずが難しい…予算はいくらくらい?

結婚挨拶の時の手土産に関しては、相場は3,000円〜5,000円相当が相場です。あまり安い物では失礼にあたります…。しかし、逆に高価なものだとご両親に気を使わせてしまう…。そのため、3,000円〜5,000円くらいが丁度良い予算といえるでしょう。

【結婚挨拶・手土産】ポイント3・どのくらいのボリュームにするかは、家族構成で決める

ご両親はお2人でお住まいなのか、ご兄弟やお爺ちゃんやお婆ちゃんも同居なのか…。一緒に住んでいる家族構成で、手土産のボリュームは調整します。

出来れば、結婚挨拶の場にいなくても後で美味しく召し上がっていただけるよう個別包装されているものがベター。

【結婚挨拶・手土産】ポイント4・賞味期限は必ずチェック

手土産は、結婚挨拶の当日に食べられなくても良い位の日持ちがするものを選びます。最低でも2日以上の賞味期限があるものを。結婚挨拶の日は、どうしてもバタバタしてしまって手土産に手を付けられないことも少なくありません。

次の日、もしくはそれ以降に食べても美味しい状態が保たれているような賞味期限の長いものを選ぶ方が懸命です。

まとめ

結婚準備のスタートライン【親への結婚挨拶】時の“身だしなみ”や“手土産”についてご紹介しました。

ご両親への結婚挨拶を成功に導くためには「身だしなみ」や「手土産」は重要な足掛かりに!まずは、第一印象で好印象を残しておくと、ご両親も心を開きやすく、新郎新婦の2人も打ち解けやすくなります。

結婚挨拶を迎えるまでに、身だしなみや手土産などの準備は余念なく整えておきましょう。その気持ちは、きっとご両親の心にも届くはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です